ボタニカルシャンプー 無添加・オーガニックとの違い

  • HOME > 髪の悩み > ボタニカルシャンプーは「無添加」「オーガニック」と違うの?

ボタニカルシャンプーとは何?無添加やオーガニックと違うの?

 最近、ボタニカルシャンプーの人気が急上昇しています。
 ちなみに、ファッション業界やインテリア、コスメ商品の間でも良く耳にする「ボタニカル」って言葉、皆さんはその意味をご存知ですか?

ボタニカルシャンプーとは?無添加やオーガニックと違うの?

 ボタニカルの意味を調べると、“植物の〜”とか“植物に関する〜”なんて出てきます。つまり、花柄や植物をモチーフにしたデザインの洋服とか、植物由来の成分を使ったコスメ、植物が原料の家具なんかを指す時に使う言葉ですね。

 と、偉そうに説明しましたが、正直なところ私も初めは「ボタンのたくさん使った洋服?」なんて、とんちんかんな間違いをしていました。。
 流行やトレンドの新しい言葉ってどんどん生まれてるから、年齢を大きな声で言えない世代の私も覚えるのに大変です、はい。。

 そんな事はさておき、、
 ということでボタニカルシャンプーは植物由来成分が配合されたシャンプーの事です。そう考えると、今までもオーガニック系の植物由来シャンプーはたくさん売られていますよね。

 じゃあ、「無添加」とか「オーガニック」との違いはなんでしょう?それぞれの意味は以下になります。

オーガニック
 化学肥料や農薬を使用しない野菜、添加物の入っていない食品、合成化学物質の入っていない商品。

無添加
 103種類の旧表示指定成分(体質によってアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある成分)を一つ又は複数、配合していない商品。

シャンプー オーガニック・無添加・ボタニカルの違い

 こう見てみると、「オーガニック」も「無添加」も「ボタニカル」も判定基準ははっきり違いますが、すべてに於いて化学合成物を排除するという思想や方向性は同じなんですよね。
 だから、オーガニックシャンプーも無添加シャンプーも刺激の強い成分や危険性のある成分を配合していない優しい商品が多いので、ボタニカルシャンプーのカテゴリに当てはまる商品も多いと思います。

 ちなみに日本では、「オーガニック」も「無添加」も「ボタニカル」も法律による明確な決まりがありません。

 そのため、たった1つのみでも植物を原料とした自然由来成分が入っていれば“ボタニカル商品”と明記したり宣伝しても、嘘ではないので全く問題無いんだそうです。
 そしてこれは無添加やオーガニックでも同じで、1種類でも言い張れる事実があれば堂々と売り文句として使える訳。

 そうなると、「ボタニカルシャンプーだから良い成分ばかりなんだ♪」とすぐ考えてしまうのは危険ですよね。
 もしかしたら植物由来なのは1成分のみで、他は化学合成物がたっぷり配合されてたり旧指定成分が普通に使われてる場合だってあり得るということです。

 だから私たち消費者は、広告やインパクトのあるキャッチコピーに騙されずに、確かな目で信頼できる商品を選びたいところです。

100%天然由来成分のみのボタニカルシャンプー使ってます♪

 このページを読んで頂いてるということは、ボタニカルシャンプーに興味がある方良いシャンプーを探してる人だと思います。そこで最後に、私がハマって愛用してる100%天然由来成分のみを使ったおすすめボタニカルシャンプーをご紹介♪

100%天然由来のボタニカルシャンプーharu黒髪スカルプ・プロ

 それがharu 黒髪スカルプ・プロ シャンプーです。
 今インターネットや雑誌でもかなり話題になってるので、もしかしたら既にご存知かもですね。

 haruシャンプーは素材を全て天然由来にこだわり余計なものを入れていません。
頭皮への負担をできる限り無くす事が、健康で美しい髪を育てる一番の近道
という理念が、多くの評判を呼んでいる商品です。

 haruシャンプーの使用感や効果など詳しく書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。
⇒「haruシャンプー 黒髪スカルプ・プロの評判と効果を実感♪」記事こちら


haruシャンプー

haruシャンプーの感想♪

いままでいろんなシャンプーを取っ替え引っ替えしてた私が、今はもう何年もharuシャンプーだけ♪
やっと出会えた*^^*

⇒haruシャンプー私の感想こちら

haru黒髪スカルプシャンプー

haruシャンプーメニュー

髪の悩みとシャンプー

haruシャンプーもっと詳しく