シャンプーと白髪 予防改善効果

  • HOME > 髪の悩み > シャンプーと白髪の予防改善

シャンプーと白髪の関係

シャンプーと白髪の関係

 年齢を重ねるごとに気になり始める白髪。見る度に悲しい気持ちになるのは誰しも同じだと思います。

 そんな白髪と、毎日のシャンプーの関係はどうなのでしょうか。

「シャンプーは白髪とは関係ないでしょ」
と考えるのは早計です。

 毎日、髪と頭皮環境に直接触れるシャンプーやリンス、トリートメントは髪の健康状態に大きく影響しています。

 そして、髪や頭皮環境の乱れが白髪を増やす原因になると言われています。

髪の毛は元々白髪だった!?

 白髪は一般的に年齢を重ねるごとに増えるので、「黒い髪が白くなる」と思ってしまいがちですが、実は違います。

 子供から大人まですべての髪は、白髪で生まれて黒髪に変わっています。

 色素の無い真っ白な状態で生まれた髪は、髪の根元にあるメラニン色素細胞(メラノサイト)によって黒髪に生まれ変わります。

 そして白髪ができるのは、このメラノサイトが髪に影響する過程で何らかの問題が発生して起こります。

 つまり、その問題を解決してあげる事で白髪を綺麗な黒髪に戻す事ができるわけです。

白髪のできる原因は何?

 それでは白髪のできる原因には、どんな事が挙げられるのでしょうか。

遺伝

 白髪は遺伝すると言われています。確かに白髪になる時に関係するメラノサイト(メラニン色素)の個人差は遺伝に依存しているところがあります。しかし、その他要因が占める割合もあるので、諦めてはいけません。

老化

 メラノサイトを作るために必要な酵素が加齢によって衰えるのだそうで、それが40歳前後からと言われています。髪を黒くする力が弱まれば、相対的に白髪が増えてしまいます。

生活習慣

 日々の生活習慣や環境によって髪の健康状態や頭皮環境は大きく変わってきます。睡眠時間や食生活の栄養バランスなど、毎日の生活は髪の健康、しいては白髪に直結します。

病気

 髪とは直接関係のない体の病気や疾患でも白髪を増やしてしまう場合があります。ホルモンバランスの崩れや血流の阻害などが髪に悪影響を及ぼします。また、薬による副作用によって白髪を誘発してしまうこともあります。

ストレス

 ストレスは万病の元とも言われるように、ストレスが原因で自己治癒力が低下したり毛細血管の収縮による血流の低下などが頭皮環境を悪化させ、白髪を増やしてしまうのだそうです。

白髪を予防改善するために

 白髪のできる原因を考えて我々ができることは、生活習慣を整えてストレスや病気のない健康的な生活環境を作ることです。

 自分ではどうする事もできない遺伝や加齢の変化をクヨクヨと悩んでも、ストレスを溜め込むだけですよね。

 後ろ向きな考えに気を取られるより、睡眠時間をたっぷり取ることやバランスの良いミネラル・ビタミンの摂取を心掛けて前向きに生活していきたいところです。

 こういった日々の積み重ねが、若々しいキレイな黒髪を末永く維持する力となり、白髪の予防改善に大きな効果が期待できます。

白髪効果に話題!髪と頭皮環境を育てるエイジングケアシャンプー♪
⇒「haru黒髪スカルプ・プロシャンプーの評判と効果」記事こちら

haruシャンプーの感想♪

いままでいろんなシャンプーを取っ替え引っ替えしてた私が、今はもう何年もharuシャンプーだけ♪
やっと出会えた*^^*

⇒haruシャンプー私の感想こちら

haru黒髪スカルプシャンプー

haruシャンプーメニュー

髪の悩みとシャンプー

haruシャンプーもっと詳しく