シャンプー 正しい洗い方

  • HOME > シャンプーで正しい髪(頭)の洗い方は?

意外と知らない!?シャンプーの洗い方

シャンプーの洗い方

 皆さんは「正しいシャンプーの洗い方」をご存知ですか?
 頭を洗う方法は、ただシャンプーで髪を泡立ててシャワーで洗い流すだけでは不正解なんです。

「どうせ、頭皮を揉むようにとか言うんでしょ」と思った方、それだけでも間違いになります。

 評判の薬用や希少な天然成分など、どんなに良い成分が配合された高価なシャンプーであっても、シャンプーの使い方が間違っていては効果は激減してしまいます。是非正しいシャンプーのやり方を覚えて、抜け毛や薄毛、頭皮のニオイが臭い悩み等を解消していきましょう。

すぐにシャンプーしてませんか?

 多くの方が「お風呂に入ってすぐにシャンプーする」と答えるそうです。あなたはどうですか?

 正確には一番最初に頭を洗っても良いのですが、シャンプーをする前の準備が大切です。そのポイントは以下になります。

シャンプーの前のすすぎで頭皮の汚れや酸化した皮脂、髪の埃などを十分に洗い流す

頭皮の毛穴が緩んだ状態で洗う

 皆さんシャンプーする前に髪を濡らすと思いますが、これはただ泡立ちを良くするためではありません。
 実は、お湯だけで頭皮や髪の汚れの大半は流す事ができます。そして、シャンプーの有用な成分効果を最大限に効かせるためにも、1日の古い皮脂(汗)や埃など事前の汚れ落としは重要です。
(ヘアスプレーやワックスをしている場合でも十分な前すすぎをすると格段にいいです)

風呂の湯船

 さらに、冬場などは特にそうですが、体が冷えた状態だと頭皮の毛穴も縮こまっていますから、毛穴の汚れを綺麗に流す事が出来ません。
 そのため、頭皮だけでなく体も温めて毛穴を緩める事が大切です。

 その簡単な方法は、湯船に入って発汗させる事。それからすすぐだけで、シャンプー前でもかなりキレイに汚れを落とす事が出来ます。
 頭皮や毛穴の汚れは、「頭が臭い」「抜け毛が多い」などの悩みに直結しますから、この事を意識するだけでも改善効果は大きくなります。

シャンプーの基本的な事

 シャンプーする上で基本的な事を挙げてみます。最近ではこの辺りの認知度は高くなっていますから、ご存知の方も多いかもしれません。

爪を立てて頭皮を洗わない

 頭皮は肌と同じです。爪を立てて洗えば荒れたり、ひどい場合は傷が出来て雑菌が入り込み、炎症や吹き出物の原因にもなります。
 指の腹で頭皮を動かすように揉み洗いましょう。

シャンプーとシャワーの温度

シャワーの湯温は38度が最適

 シャワーは体温より少し高めくらいが丁度いいです。熱過ぎると髪のキューティクルが傷んでしまったり頭皮にダメージを与えてしまいます。また、ぬる過ぎると毛穴が閉じてしまうし皮脂汚れも流れにくくなってしまいます。

シャンプーの泡はできるだけ体に流さない

 背中の大人ニキビや吹き出物の原因となる事もあるシャンプー。顔に流すのも出来れば避けたいので、髪の長い方は横にまとめて泡を流すようにしましょう。

シャンプーは1日1回で十分

 「ニオイが気になるから」という方や非常にキレイ好きな人は、1日に何回も頭を洗ってしまう場合があります。これはヤメましょう。

 地肌も皮膚と同じですから一定量の皮脂や潤いが必要です。それをすべて流してしまうと頭皮環境が崩れてしまい、ニオイや抜け毛が余計に増える原因になります。
 また、髪や地肌に直接触れるシャンプーは、私たちが思っている以上に髪と頭皮に負担が掛かっています。

 必要以上の洗髪は、マイナス要因はあってもプラスになる事はありません。1日1回の正しいシャンプーを行うようにしましょう。

頭皮は揉むように髪は泡を伸ばすように

シャンプーの正しい方法

 シャンプーを手に伸ばして泡立ててから、地肌を中心に「頭皮は揉むように、髪は泡を広げるように」洗います。
 シャンプー前の充分なすすぎで多くの汚れは落ちていますから、残っている頑固なタンパク汚れをシャンプーで流します。

 あくまでも髪をクシャクシャと泡立てるのではなく、泡をまんべんなく広げるようにしましょう。

 イメージは「髪を洗う」というより「頭皮を洗う」感覚です。

 ヘアワックス等を使っている方は髪に泡が広がるようにシャンプー量を調整しましょう。
 シャンプーを多く使えば良い訳ではありません。シャンプーによっても違いますが、ショートの方でも1〜2プッシュ、ロングでも3プッシュ程度が目安です。

シャンプー後のすすぎは入念に

 シャンプーの泡を洗い流す「すすぎ」は入念に行いましょう。特別に激しくシャカシャカとする必要はありません。やはり地肌を軽く撫でるように、髪はスポンジの水を絞るように優しくしっかりすすぎましょう。

 どんなに良い成分のシャンプーでも、シャンプーの主成分である洗浄成分は髪と地肌にとっては「有害な汚れ」でしかありません。
 「シャンプーの香りが好きだから、すすぎは控え目」なんて、もってのほかです。

入浴後の乾燥も大切

 シャンプーのやり方について詳しく書いてきましたが、お風呂上がりの髪の乾燥もとても大切です。

 髪が濡れていると摩擦で擦れ合って髪が痛みますし、どうしても乾燥しづらい地肌は湿っていると雑菌や細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
 自然乾燥は絶対NGですしバスタオルでゴシゴシ拭くのではなく、タオルを頭に押し当てたり髪を包んで水分を吸い上げるように乾かしましょう。

ドライヤーで髪を乾かす

 ドライヤーで強引な乾燥も良くありません。適度な温風で地肌がサラサラするくらいまで優しく乾かします。

 ちなみにドライヤーのコツもあります。
地肌や髪から10センチ以上離して一点に集中しない
初めは頭皮側から徐々に毛先に向かって乾かしていく
時間が掛かる時は温風と送風(冷風)を交互に使う

 ドライヤーは100度以上の熱風が出ますが、髪は60度くらいが限界です。熱によってキューティクルが変形・剥離してしまわないように注意しましょう。ポイントは優しくタオルで出来るだけ吸水してあげる事です。

アミノ酸シャンプーのすすめ

 シャンプーの仕方について説明してきましたが、良いシャンプーを選ぶのもやっぱり大切です。

 中でもおすすめは“アミノ酸シャンプー”。
 一般的な石油系(高級アルコール系)や石鹸系洗浄成分のアルカリ性質とは違い、アミノ酸系洗浄成分は弱酸性です。

 実は地肌も髪ももともと弱酸性環境ですから、アルカリ性質では頭皮環境を崩してしまいます。
(石鹸で髪を洗うと髪がギシギシに軋んでしまうでしょう?大手メーカーシャンプーはそれを強引にコーティング剤(シリコン等)で抑えていますけど・・)

「でも、アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱くてスッキリしない」
なんて思ってる方もいるかもしれませんが、正しい髪の洗い方をすれば十分過ぎるほどの洗浄力があるんです。

 また、強過ぎる洗浄力は必要以上に潤いを取り過ぎてしまい、体の防衛反応からさらに多くの皮脂を分泌する悪循環にも。。

白髪に効くシャンプーharu黒髪スカルププロ

 そこで健康で若々しい髪を育てるアミノ酸シャンプーとして話題になっている「haru黒髪スカルププロ」がおすすめです。

 天然由来成分100%の髪と地肌にとても優しいオーガニックなシャンプーですが、発毛育毛促進成分や頭皮に潤いを与える成分もたっぷり♪
 さらに、白髪を予防し減らす効果が話題のヘマチン成分も配合し、頭皮環境を整えていつまでも美しい黒髪を育ててくれます。

 私も長年愛用していますが、たしかに髪のハリ艶も良く感じられて、末永く若々しい髪を育てるシャンプーとして確かな実感があります。
 20代から60代と幅広いユーザーがいますが、私と同年代の30代40代の方には特に高い人気があります。

haru公式ページこちら⇒美髪を育てる♪黒髪スカルプ・プロ

 haruシャンプーの効果や使用感を素直に書いてますので、よろしければご覧下さい。

⇒「haruシャンプーの効果口コミ」記事こちら

haruシャンプー

haruシャンプーの感想♪

いままでいろんなシャンプーを取っ替え引っ替えしてた私が、今はもう何年もharuシャンプーだけ♪
やっと出会えた*^^*

⇒haruシャンプー私の感想こちら

haru黒髪スカルプシャンプー

haruシャンプーメニュー

髪の悩みとシャンプー

haruシャンプーもっと詳しく