紫外線 髪のダメージ

  • HOME > 夏の紫外線で髪の疲れダメージが蓄積してる!?

夏の紫外線でヘアダメージが蓄積してる!?

夏の紫外線でヘアダメージが蓄積してる

 夏は四季の中でも一番紫外線が多くなる季節です。そのため、髪の疲れやダメージだってもっとも増える時期。
 開放的になれるシーズンでもあるから髪色を明るくしたり可愛くアレンジしたくなりますが、髪のダメージケアにも意識を向けないと、髪がパサついて艶が無くなり、枝毛や切れ毛の原因にもなるので注意です。

紫外線で髪のキューティクルが焼ける!

 私たちが何気なく口にしてる「紫外線(UV)」ですが、実は1種類ではないんだそうです。

 中でも注意が必要なのが「UV-A波」と「UV-B波」の2種類。
 日焼け止めなどUV対策でもこの2つに対策されていて、紫外線を吸収する「SPF(UV-B効果)」と紫外線を跳ね返す「PA(UV-A効果)」って見たり聞いたりした事あると思います。

 割合はUV-Aが95%を占めていて皮膚のメラニン細胞を促進する紫外線の代表格なんだけど、残り5%のUV-Bの方がもっと悪者で、肌や髪表面を焼く刺激が強いんだとか。日焼けで肌が真っ赤に焼けるのもUV-B波の影響が強いとの事。

 髪が酸化して焼けてしまうと、乾燥してごわごわになったり脆く切れやすくなるんですね。

 一度髪が焼けてしまうと、元の健康な髪に戻すのは難しいですから、帽子や日傘など日焼け予防対策は必ずするようにして、さらに日々のヘアケアがとても大切になってきます。
 夏が終わる頃になって、修正が利かない状態じゃ、泣くに泣けませんからね。

紫外線のヘアケアにはシャンプーも重要

 ヘアUVスプレーなど特化した商品もありますけど、どんなに手を尽くしても、日差しの影響を一番受けるのは頭ですから、多少なりのダメージは仕方ないところです。
 強い紫外線(特にUV-A波)は地肌の毛根にまで影響しますから、抜け毛や薄毛、さらには白髪の原因にもなると言われます。

 ですから、誰もが毎日行うヘアケアとして、シャンプーの存在はとても大きく重要です。

「シャンプーにはあまりお金を掛けない主義」なんて無難な市販シャンプーを選んでませんか?
 化学合成成分たっぷりの商品ともなれば、今度は逆にシャンプーで髪を弱らせる事にもなりかねません。

 とはいえ、どんなシャンプーが良いのか分からないという方のために、100%自然由来成分ばかりのオーガニック系スカルプシャンプーが話題です。

 よろしければこちらの記事もご覧ください。
⇒「haruシャンプー 黒髪スカルプ・プロの評判と効果を実感してます!」記事こちら

haruシャンプー

haruシャンプーの感想♪

いままでいろんなシャンプーを取っ替え引っ替えしてた私が、今はもう何年もharuシャンプーだけ♪
やっと出会えた*^^*

⇒haruシャンプー私の感想こちら

haru黒髪スカルプシャンプー

haruシャンプーメニュー

髪の悩みとシャンプー

haruシャンプーもっと詳しく